暇つぶしにオススメのスマホケース豆知識

オリジナルスマートフォンケースに最適な画像選び3項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お手持ちの画像でスマートフォンケースに印刷」というサービスを見かけた事はありませんか?自分のお気に入りの写真でオリジナルスマートフォンケースを作ることができる、画期的なサービスです。そこで、仕上がりを左右する、気をつけて欲しい点がいくつかあるので共有したいと思います。

スポンサーリンク



オリジナルスマートフォンケース作製

出典:オリジナル工房

上の画像のように、好きな写真を使ったり、スマートフォンで撮影したお気に入りの写真でスマートフォンケースが作れます。思い出の写真を使えば、あなただけのオリジナリティが出て満足出来ます。でも、使用する写真に関して気をつけてほしい3項目をご紹介します。

なるべく大きな画素数の写真を使用する

もしも小さな画像を印刷しようとすると、実際の印刷サイズに拡大しなければいけません。
画像小→大はピクセルが崩れる

画像は小さな四角形(ピクセル)が集まって表示されています。このピクセルの数が画素数と呼ばれるものです。画像を拡大すると、このピクセルの集まりが崩れてしまうために、ガタガタの画像になってしまうんです。この説明画像も画素数を少なめで設定して、大きく表示させているので画質が悪くなっているのがわかります。

でも、画素数の大きな画像であれば、画像が荒くなることはありません。縮小の場合はピクセルは崩れることはありません。
画像大→小はピクセルが崩れない

せっかくお気に入りの写真でオリジナルケースを作るのなら、画像の大きさに気をつけて、良い仕上がりに印刷してもらいましょう。iPhoneで見た感じとても綺麗写っていても、印刷するとなると話は別です。大きな画素数の写真を選択しましょう。

画像の縦横の比率を考える

スマートフォンケースはタイプによって、形が違います。
ケースの縦横の比率
左のハードタイプだと縦長、右の手帳型だと大体正方形です。
縦横の比率が合わないパターン
ケースのタイプと、自分の印刷イメージを考えた上で写真は選びましょう。上の画像のように縦横の比が合わないパターンは良くあります。縦長のハードタイプに横長の画像を印刷するなら、印刷方向を変えればうまくいく場合もあります。ある程度は、ショップのデザイナーが調整してくれるはずですが、あまりにも縦横の比がバラバラだと希望通りのレイアウトで仕上げることは難しいでしょう。

LINEで送ってもらった写真は避ける

みなさん利用しているLINE。便利ですが、写真を送信すると画質が劣化してしまいます。細かいことは置いといて、これはどうしようもない事です。ただ、朗報があります。最新版のLINEでは、劣化させずに写真を送れます。画像のように左下の「オリジナル画質」を選択するだけでとても簡単です。
LINEで写真を高画質で送信する方法
これは普段から役に立ちそうですので、是非最新版LINEにアップデートして試してみてください!

まとめ

  • なるべく画素数の大きな写真を使う
  • 縦横の比率があるので、自分でもケースの形状と写真のケースを見比べてレイアウトを考えてみる
  • LINEで写真を送ってもらうときは「オリジナル画質」で送ってもらう

以上3項目、オリジナルスマートフォンケース作製の時は参考にしてみてください。

オリジナルスマートフォンケース作製をお考えの方はこちらから
オリジナルスマホケースならスマコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SmartAction | あなたのリクエストしたスマホケースを徹底レビュー!

次のスマートフォンケースはどれにする?


機種変更したから、ケースも新調しよう。


そんな時にあなたが気になっていたあの商品、「実際どうなんだろう?」と思う事はありませんか?


SmartActionでは、あなたのスマートフォンケース選びを全力で応援するために、読者の方のリクエストに応じてそのリクエスト商品のレビューをしていきます。




  • ・リクエスト商品を購入・使用

  • ・そのレビューを記事として投稿


その記事を読めば、よりリアルに自分に合うかスマートフォンケースなのかどうかを判断出来ます。


たったの3ステップで、あなたのスマートフォンケース選びを成功に導きます。


SmartAction!!

スポンサーリンク

コメントを残す

*